外見のキレイな家

一戸建てを考える

きれいな花のある家

一戸建て住宅に近いもの

子供の頃住んでいた家が一戸建ての場合は子供の頃を思い出すでしょうし、今一戸建てに住んでいれば最近のことを思い出すかも知れません。ずっと集合住宅で育ち今でも集合住宅の人は漠然としたものしか思い浮かばないかもしれません。 一戸建てと言っても一軒家という意味であって、新築住宅は当然一戸建てですが、中古住宅も同じです。 興味深いのは新築住宅と中古住宅は現代ではあまり変わりがないことです。違いがあるとすれば中古か新しいかという違いだけです。それなのに多くに人が中古住宅を嫌がるのは潔癖な国民の性質と30年という木造住宅の法定耐用年数のせいかもしれません。

金額についても知っておこう

この国の人は人が使ったものをあまり使いたがらない傾向にあります。 賃貸住宅でも広さは同じ、駅からの徒歩の時間も同じという場合、前に人が住んでいた少し安い賃貸住宅を借りるか新築の賃貸住宅を借りるかと言えばおそらく後者にするでしょう。家賃の違いが5000円以内であれば新しいものに手を出すはずだからです。 ただ中古住宅にはリノベーションやリフォームと言ったものがありますので、結局どちらも新築と変わらないのです。 もう一つ、法定耐用年数ですが、木造住宅の場合30年と言われています。ですが、これは家を使っている状態が悪かった時のことでしっかりと管理をして使えば100年でも200年でも持つのです。 そこまで考えた上で価格の安い中古住宅と、やや価格の高い新築住宅だったらあなたはどちらを購入したいでしょうか。

Copyright © 2015 注文住宅を手に入れたその先まで考えた業者選び. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com