外見のキレイな家

見極めをする

大きな窓からの景色

現場管理がしっかりなされるかも重要

分譲住宅では施主が決まっていない間に工事をすることも多く突貫工事や手抜き工事を行っていてもわからないこともあります。しかし注文住宅で施主が分かっているからといって絶対に安心できるとも限らないのです。注文住宅を提供している企業の中にも手抜き工事や施工ミスは発生しているのです。 当社ではしっかりと現場監督や現場監理者が図面と現場をチェックしているので安心してくださいという業者でさえ毎日監督が現場にいるわけではないのです。ハウスメーカーや工務店では現場監督が複数の現場を掛け持ちしている場合も少なくありません。

担当者の重要性と見極め方

購入する会社が決まった場合その会社について口コミや評価を調べる人も少なくありません。しかしそういった人の多くが時すでに遅しなのです。こういった口コミや評価は契約を行う前、もしくは建築会社を訪れる前にしっかりと下調べをしておく必要があるのです。 注文住宅を提供している会社に限ったことではありませんが、引き渡し頭数が多い会社ほど良い口コミと悪い口コミがあるのです。この原因はたいていの場合担当者であるのです。注文住宅の場合自宅を担当してくれる人といっても営業担当や設計担当、お金周りの担当者、現場の担当者など多くの人が担当します。それぞれの人の出来不出来によって評価が大きく異なり両極端な意見があるのです。ですから事前に担当者を指名するためにも会社を訪れる前に情報を仕入れておく必要があるのです。

Copyright © 2015 注文住宅を手に入れたその先まで考えた業者選び. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com